ホーム > ダイエット > 肌質の変化

肌質の変化

肌や体のはホルモンの影響を受け、年齢によりその肌質は変化していきます。

同じ一人の女性でもあってもその女性の年齢によって肌質は常に変化していきます。

 

15-25ぐらいの発達期には、ホルモン分泌が活発になりやすく、オイリー肌の傾向が強くなります。

26-35ぐらいは、肌の水分量が減り始めてきますが、皮脂量の減少はまだないため、乾燥もみられる脂性肌といった感じになります。

36-45ぐらいはプレ更年期となり、水分量がさらに減るため肌質は乾燥傾向がより強くなります。

46-以降は水分とともに皮脂量も減ってくるので、完全な乾燥肌の傾向が強まります。

 

このように同じ一人の女性であっても肌質は大きく変化していくため、その時々に合った対策を行っていくことが重要です。

年を重ねたお肌を回復させるにはシミやくすみと取り除き、しわを減らることで若くみえるようになります。シミやシワの対策としてはトレチノイン・ハイドロキノンを用いたスキンケアが効果的なようです。商品は海外医薬品を通販で入手するかたもいるようです。

トレチノインやハイドロキノンの通販するには


関連記事

  1. 肌質の変化

    肌や体のはホルモンの影響を受け、年齢によりその肌質は変化していきます。 同じ一人...

  2. テスト

    テスト記事です。...